公務員に向いている人の5つの特徴

公務員に向いている人の5つの特徴

元都職員のイクロです。

  • 公務員に興味があるけど、自分に向いているのかな…?

この記事では、上記のように考えている方に向けて、「どういう人が公務員に向いているのか」を解説します。

公務員に向いている人の5つの特徴

公務員に向いている人の特徴として、下記の5つが挙げられます。

  • どんな配属先でも前向きに取り組める
  • 一般市民の方を支えることにやりがいを感じる
  • 細かい仕事をコツコツ進めるのが好き
  • 正しいやり方に沿って仕事を進めたい
  • 「真面目に着実に取り組んでいること」自体を高く評価されたい

以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。

どんな配属先でも前向きに取り組める

公務員は典型的なジェネラリストです。つまり、特定の領域に特化するのではなく、幅広い分野で仕事をします。

これは同時に、配属先が様々であることを意味します。国家なのか地方なのかや、採用区分がどれなのかなどにもよりますが、おおむね千差万別な職場を回ることになります。

例えば区市町村の場合、下記はすべて行政系(事務系)職員が配属される可能性があります。

  • 本庁で区政の策定
  • 窓口で住民対応
  • 福祉事務所でケースワーカー
  • 教育委員会事務局でPTA折衝

上記はあくまでも例に過ぎませんが、これだけ見ても様々な配属があることがわかります。

このことを踏まえると、「どんな配属先でも前向きに取り組める」ことは公務員として非常に重要です。

長い公務員人生の中で「希望の配属先」で働ける期間はむしろ限られます。たとえ「イメージと違うな…」という部門に配属されたとしても、そこの中で最大限のやりがいを見出して前向きに取り組める人こそ公務員に向いていると言えるでしょう。

一般市民の方を支えることにやりがいを感じる

公務員は根本的に納税者(国民・県民・市民etc)のために仕事をします。

自分が大きな成果を挙げることよりも、他の人の役に立つことにやりがいを感じる人は、公務員に向いているでしょう。

国家総合職以外は、窓口で直接市民対応する場所に配属される可能性も十分にあります。

「正直、ちょっと物わかりが悪いな…」と感じてしまう方が窓口にいらっしゃることもあるかもしれません。しかし、そんな時にこそ自分がその人の役に立てることに誇りを持って誠実に対応できる人は公務員として活躍できるでしょう。

細かい仕事をコツコツ進めるのが好き

公務員の仕事は基本的には事務仕事です。つまり、細かな情報を適正に管理して、正確に運用することが求められます。

具体的に言えば、単純なデータ入力や書類整理なども多いです。それらは単調ではありますが、重要性が非常に高いものです。

筆者は都で税金を都民に還元する種類の仕事(補助金のようなもの)を担当したことがありますが、やっていることはデータ入力ではあるものの、万一間違えてしまうと都民の方に正しくお金が支給されなくなってしまうというかなり繊細な仕事でした。

こうした「地味ではあるものの重要な事務仕事」を正確にコツコツ進めることにやりがいを感じるなら、公務員に向いています

正しいやり方に沿って仕事を進めたい

公務員の仕事は法律によって規程されています。つまり、「何をやるか」を現場の職員が自分でゼロから考えて実行することは基本的にありません。

なおかつ、「どうやるか」も大抵はマニュアル化されていて前例を踏襲するので創意工夫の余地は少ないです。(例外はあります)

なので、「自分で考えて行動したい!」という人には物足りないかもしれません。

しかし、逆に言うと「正しいやり方を参照して、それにしっかり沿って仕事を進めたい」という方には安心感のある仕事です。これに魅力を感じる人は、公務員に向いているでしょう。

「真面目に着実に取り組んでいること」自体を高く評価されたい

公務員は民間企業と違って「売上をいくら立てた」「コストをこれくらい削減した」などの概念はありません。

「どんな成果を生み出したのか」という点では差が生まれづらいので、管理職ではない一般職員は特に「問題無く、つつがなく、円滑に担当職務をこなせているか」が評価軸になると言ってもよいでしょう。

なので、「売上目標を追いかけるようなプレッシャーは嫌だ!」「しっかり着実に仕事をこなしていることを評価してもらいたい」という方には公務員は向いていると思います。

公務員に向いている人:まとめ

公務員に向いている人の特徴を5つ解説してきました。

最後に内容を振り返っておきましょう。

  • どんな配属先でも前向きに取り組める
  • 一般市民の方を支えることにやりがいを感じる
  • 細かい仕事をコツコツ進めるのが好き
  • 正しいやり方に沿って仕事を進めたい
  • 「真面目に着実に取り組んでいること」自体を高く評価されたい

なお、この記事とは逆のアプローチで「公務員をつまらないと思う人の特徴」をまとめた記事もあります。

公務員はつまらない 公務員をつまらないと思う人の5つの特徴を元都職員が解説

興味があればチェックしてみてください。