東京都庁と国家公務員はどっちが良い?違いを元職員が解説

都庁と国家公務員の違いは?

元都職員のイクロです。

この記事では都庁と国家公務員の違いについて、配属・年収・残業の観点から解説します。その上で、採用試験の難易度や両者の併願などについても説明します。

「都庁と国家公務員ならどっちがいいんだろう?」と考えている方は、この記事を読むことでそれぞれの違いがわかるようになります。

都庁と国家公務員の配属先の違い

都庁は職員数が知事部局・公営企業に限っても約4万人と非常に規模が大きく、国家の省庁と同じくらい巨大な組織です。

また、都内総生産は各国の国内総生産と比較しても上位にあたり、国家レベルの経済規模を誇る地域です。(このあたりのデータは下記の記事で解説しています。)

東京のすごいところ 東京のすごいところをデータを元に徹底解説!【経済・学問・観光・地理】

こう見ると都庁や都道府県の一つではあるものの実質的には国家の機関と似通った部分があるように思う方もいらっしゃると思います。

しかし、実際には都庁は良くも悪くも都道府県の一つに過ぎず、国家公務員として働くこととは違いがいくつもあります。

その一つが、配属先の違いです。

国家公務員は、総合職採用であれば基本的に本省勤務です。一般職は多くの場合出先(法務局など)に配属されますが、国家機関の一部であることもありそれなりに規模が大きいです。

しかし、都庁の場合は、出先に配属されるとかなり小規模の事務所で働く可能性があります。

例えば交通局の事務所や都立学校の事務室などは行政職員が数名程度で、「都庁」という響きとはかなりギャップがあります。

こうしたかなり「現場感」の強い配属になる可能性が少なからずあることが、都庁の国家公務員の違いの一つです。

なお、都庁の「現場配属」でもっともメジャーな学校の事務室については下記の記事で詳しく解説しています。

学校 東京都庁の職員が学校事務に配属される?元職員が実態を解説!

都庁と国家公務員の年収の違い

都庁の平均年収は平成31年4月時点で約665万円です。(詳しくは下記の記事で解説しています。)

都庁職員の平均年収・初任給 元職員が都庁の平均年収・初任給を解説【給料は高い?】

それに対して国家公務員の年収は約728万円です。(「平成31年 国家公務員給与等実態調査」を元に「次席合格元県庁職員シュンの公務員塾」が算出)

つまり9%ほど国家公務員の方が高く、特に総合職の職員は平均値よりも高水準になるため、都庁職員よりも国家公務員の方が年収は高くなる傾向はあると言えるでしょう。

都庁と国家公務員の残業の違い

平成27年のデータによると、東京都の職員の平均残業時間は13.5時間、そのうち本庁勤務の職員は22.1時間となっています。(出典:東京都職員「ライフ・ワーク・バランス」推進プラン

それに対して、国家公務員の残業時間は令和元年のデータによると下記の通りです。

財務省:72.59時間
文部科学省:72.43時間
経済産業省:70.16時間
裁判所:9.15時間
国税庁:17.86時間
特許庁:20.72時間

国家公務員の残業時間ランキング!【24官公庁・完全版】

組織によってかなり偏りがありますが、財務省や経産省のような国会対応がある省だと月に70時間を超えており、本庁勤務の都庁職員の3倍以上の残業をしていることが伺えます。

もちろん一般職で出先勤務をしている職員は国家公務員でも上記の水準よりかなり残業が少なくなります。しかし都庁も「全体が13.5時間で本庁が22.1時間」であることを考えると出先職員の残業時間は相当少ないことがわかります。

実際に筆者も都職員として出先組織で働いていましたが、私の場合は残業はほぼゼロでしたし、同じ担当の職員はおおむね定時退庁でした。

つまり、全体的な傾向で言うなら国家公務員は都庁職員よりも忙しくなる可能性が高いです。

都庁と国家公務員の試験難易度の違い

都庁の国家公務員の採用試験における難易度はおおむね下記の通りです。

国家公務員総合職 > 都庁 ≧ 国家公務員一般職

国家公務員の中でも総合職の場合は都庁よりもだいぶ難しいです。これは筆記試験の内容もありますが、どちらかというと受験者層の違いによるところが大きいです。

国家総合職はいわゆる官僚なので伝統的に東大卒が多いです。2019年度のデータは下記の通りとなっています。

東京大学:433名
京都大学:183名
早稲田大学:133名
慶應義塾大学:98名
東北大学:85名

PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

かなり高学歴揃いであることが伺えます。

それに対して都庁職員の学歴は早慶からMARCHまでが多く、東大をはじめとした超難関国立の出身者は少ないです。この点は下記の記事で詳しく解説しています。

都庁職員の学歴・出身大学 東京都庁の職員の学歴・出身大学はどれくらい?学歴フィルターはあるの?

そして国家一般職はPRESIDENT Online(プレジデントオンライン)を見ると金沢大学や山口大学、中央大学、立命館大学、広島大学が多いことが読み取れます。

つまり国家総合では東大〜早慶、都庁では早慶〜MARCH、国家一般ではMARCH前後がそれぞれボリュームゾーンであり、採用試験が相対評価であることを踏まえると、この層の違いがほとんどそのまま難易度の違いと一致すると考えられるでしょう。

都庁と国家公務員の併願は大変

「都庁も国家公務員もどっちも魅力的だから併願したい」と考えている方もいらっしゃると思います。もちろんアリですし、元都職員の筆者の周りにもそのような方はいました。

ですがその場合、試験勉強がだいぶ大変になることは覚悟しておく必要があるでしょう。

なぜなら、都庁と国家公務員の試験では内容が大きく異なり、共通の対策だけでは対処しきれないからです。

国家は形式は一般的な公務員試験と変わらないのですが、都庁ではやや特殊な専門科目試験が課されます。国家公務員の試験準備をしながら都庁の専門科目の試験対策をするとなると、ある程度時間に余裕が無いと難しいところがあるでしょう。具体的には丸一年くらいはかかるケースが多いのではないでしょうか。

ご自身の志向性と残された準備期間の両方を踏まえて、併願するか否かを判断されることをおすすめします。

この記事を読んだ方におすすめの記事

都庁 採用難易度 東京都庁の採用難易度は低い?元職員が解説 都庁と併願しやすい 就職先は? 都庁との併願先はどうする?おすすめを6つ紹介 都庁の専門記述対策 都庁の専門記述対策を元職員が解説!【論点数・科目選び・暗記方法】