都庁の花形部署はどこ?元職員が7つの局をランキング形式で紹介

都庁の花形部署

元都職員のイクロです。

この記事では、数ある都庁の局の中で「どこが花形部署」なのかを解説します。

MEMO
あくまでも元都職員の筆者の個人的意見です。正確な統計を元にしたランキングではありませんので、あらかじめご了承ください。

都庁では官房系やお金を扱う部署が花形

都庁の花形部署には大きく分けて3つのパターンがあります。

  • 官房系の局
  • お金を扱う局
  • その他

官房系の局とは、特定の領域に限定されずに全庁を横断して総合的な取組を進める局のことです。通常は政策企画局・財務局・総務局の3つを指します。

官房系の局は、その性質上、都政全般を睨んだ広い視野で仕事を進めることが多いため、昇進を目指す職員から非常に人気があります。実際、2021年2月現在の副知事のうち行政官上がりの3名(多羅尾光睦氏・梶原洋氏・武市敬氏)は、全員官房系の局の局長を経験しています。(詳しくは下記の記事をご覧ください。)

都庁職員の役職と昇進の仕組みを解説!【主事→主任→課長代理→管理職(課長→部長→局長→副知事)】 都庁職員の役職と昇進の仕組みを解説!【主事→主任→課長代理→管理職(課長→部長→局長→副知事)】

これらの3局は、花形部署の筆頭株です。

また、会計などの「お金を扱う局」も人気と言えるでしょう。これは都庁に限らず、公務員全般に見られる傾向です。財務局は官房系であり、なおかつお金周りの局でもあるので、ザ・花形です。

そして、官房系にもお金周りの局にも当てはまらないけれど非常に人気の高い局も存在します。例えば、オリンピック・パラリンピック準備局はその筆頭です。

次のページ  都庁の花形部署7選
1 2 3